意外かもしれませんが、コーヒーには中性脂肪の数値を下げる効果があります。
1日に何杯も飲む人にとっては朗報ですね。

このページではコーヒーが中性脂肪に効く理由とさまざまなメリット、そしておすすめの飲み方についてもご紹介します。
コーヒーと関わりが深いコーヒー豆マンノオリゴ糖についても触れています。

コーヒーを飲むと中性脂肪が減るのはなぜ?

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸には中性脂肪を減少させる効果があります。
中性脂肪は肝臓で生成されますが、クロロゲン酸が肝臓での中性脂肪の消費を進めます。
また、小腸で脂肪を吸収するのを抑える効果に期待ができます。

クロロゲン酸には食後の血糖値の上昇を抑える効果もあるため、インスリンの過剰分泌が抑制され、その面からも中性脂肪の蓄積を予防します。
同時に、配合されているカフェインにも脂肪の分解を活性化する働きがあります。

これらの効果によって、コーヒーを飲むことで体内に蓄積している中性脂肪の消費を促進し、脂肪の吸収を抑えながら血糖値を抑えてインスリンの分泌を抑えるため中性脂肪の生成を抑えることができます。

缶コーヒーでも中性脂肪に効果ある?

コーヒーの効果を実感するためにはコーヒー豆がしっかりと焙煎されていることが大切です。
焙煎とはコーヒーの原料である生豆をコーヒー豆に変えるための加熱作業のことを言います。

缶コーヒーやインスタントコーヒーの場合、しっかりと焙煎したコーヒー豆からつくられているのでコーヒーがもつ効果は十分に実感できるでしょう。

但し、砂糖などが多く含まれた甘い缶コーヒーには要注意です。
糖質は中性脂肪のもとになります。
飲むなら甘くない缶コーヒーにしましょう。

コーヒーを飲むメリット

美肌効果

コーヒーには豊富なポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、肌細胞の老化を防止するためシミやシワの出現を予防します。

ガン予防

コーヒーに含まれるカフェインには炎症を抑える作用があります。
そのため、内臓や脳を炎症から守り、この効果によってガンやアルツハイマーといった病気の予防につながります。

また、コーヒー豆を焙煎した際に出る成分にも細胞のガン化を防ぐ働きがあると言われています。

二日酔いの改善

二日酔いによる体調不良はアルコールを分解する際に生成されるアセドアルデヒドの影響によるものです。
カフェインの利尿作用によってアセドアルデヒドの排出を促すので血流が向上し、頭痛やだるさといった二日酔いによる体調不良を改善します。

脳の活性化

カフェインには神経を興奮させる働きがあります。
神経が興奮すると脳が活性化するので、眠気覚ましや集中力・思考力の向上につながります。

脂肪肝の予防

脂肪肝の原因のひとつが酸化ストレスです。
コーヒーに含まれるポリフェノールには高い抗酸化作用があるため、酸化を防ぎ肝臓を守ってくれます。

中性脂肪の減少につながるコーヒーの飲み方

中性脂肪の対策としてコーヒーを飲むのであれば、砂糖やミルクは入れずにブラックで飲むように心がけましょう。
コーヒーの原料であるコーヒー豆には糖質がほとんど含まれていないため、後から砂糖などをくわえなければ中性脂肪の原料となる糖質を抑えることができます。

また、中性脂肪に効果のあるクロロゲン酸は非常に熱に弱い特性をもちます。
そのため、あまり焙煎しすぎるとクロロゲン酸が減ってしまいますので気を付けてください。

中性脂肪の減少につながらない飲み方

フィルターでろ過をしていないコーヒーを飲むとコレステロール値が上がってしまいます。
コーヒー豆にはジテルペン類と呼ばれる精油成分が含まれているのですが、ジテルペン類はコレステロールの値や中性脂肪を高くしてしまう働きがあり、水やお湯には溶けないのですがコーヒーの油分に溶け出します。

そのため、抽出する際に必ずフィルターを使用しましょう。
フィルターを使えばジテルペン類は飲用するコーヒー部分には入りません。

また、現在はコーヒーの粉を容器に入れて金属フィルターで押し上げて抽出するフレンチプレスという方式でコーヒーを楽しむ人も多いですが、フレンチプレスではジテルペン類を十分に除去できません。
ジテルペン類を含まないコーヒーを飲むためにはペーパーフィルターを利用し、ゆっくりと蒸らしながら抽出するといいでしょう。

そして繰り返しになりますが、コーヒーと一緒に砂糖やお菓子をたくさん摂ってしまっては元も子もありません。
ブラックコーヒーだけで飲むことが、中性脂肪を減らすことにつながります。

コーヒー豆マンノオリゴ糖とは?中性脂肪への効果は?

AGF(味の素ゼネラルフーヅ)が抽出と生成に成功したコーヒー豆マンノオリゴ糖はコーヒー豆から摂れる天然由来の糖質です。
体内でほとんど分解されない難消化性のオリゴ糖であり、ビフィズス菌を増やすため高い整腸作用をもちます。

現在も研究が勧められていますが、整腸作用以外に体脂肪を減らす作用もあることが分かりました。
コーヒー豆マンノオリゴ糖を摂取することで体内に取り込まれる脂肪の量が減少し、エネルギーを生み出すために体内に蓄積した脂肪を代謝するため中性脂肪の減少効果に期待ができます。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss